任意整理とは | 債務整理相談センター

アクセス副都心線北参道駅徒歩3分

受付時間9:00~21:00

任意整理とは

任意整理とは

任意整理とは、司法書士が貸金業者と①将来利息カット(0%)、②長期分割(3~5年)の交渉することによって、借金の整理をする方法です。
裁判所が関与しないため、手続きも比較的簡単で、家族にばれずに進めることができるため、債務整理の手続きの中で最も利用される方法です。
手続きをご依頼いただくと、即日返済を止めることができます。

(1)借金を減額させる!

法律上定められた利息よりも高い利息(18%以上)を毎月支払っていた場合は、取引開始時にさかのぼって、それを超える利息を元金に充当することにより借金を減額させます。

(2)将来利息カットで最終返済合計金額を減らす!

今後は、適法な利息(18%以下)も支払わず、元金のみ返済していくという和解交渉をしますので、毎月利息ばかり取られてなかなか借金が減らなかったという状況から抜け出せます!

(3)月々の返済金額を圧縮する!

任意整理による和解交渉で、長期分割の和解交渉をしますので、月々の返済金額をおさえることができます。業者によっては36~60回払いの長期支払いに応じてくれますので、毎月の返済が楽になります。

任意整理はこんな人にオススメです

借金がなかなか減らずに困っている人

毎月の返済額を下げて楽になりたい人

家族に秘密のまま借金の整理をいたい人

一括請求されて支払いができない人

自動車のローンを残したい人

任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリット

1将来利息が0%になる(※ 15~18%の金利手数料を0%にすることで借金が減るようになります。)

2毎月の返済金額が下がる(※ 3~5年の長期分割により、毎月の返済額を下げることができます。)

3介入する債権者を選択できる(※ 自動車のローンや残したいクレジットカードを整理の対象から除くことができます。)

任意整理のデメリット

1新たな借入が5~7年できなくなる(※ 個人信用情報に記録されることにより新規の貸付がうけられなくなります。)

住宅

お気軽にご相談下さい。