個人再生解決事例 | 債務整理相談センター

アクセス副都心線北参道駅徒歩3分

受付時間9:00~21:00

個人再生の解決事例

個人再生の解決事例

CASE 1高額な医療費と住宅ローンの支払いに困り・・・

Iさんのケース

■借入状況

借金:2100万円  債権者数:8社
※住宅ローン1500万円含む

住宅

15年前に念願のマイホームを買ったIさん。
住宅ローンの支払いも順調に、順風満帆の生活と思われましたがご家族がご病気に。
運が悪い事に保険に入っていなかった為、毎月高額な医療費を支払うことに・・・。
その為に節約をしながらの生活も限界が来てしまい、初めて消費者金融でローン。
その後は雪ダルマ式に借入れが増えてしまい、いよいよ住宅ローンも苦しくなってきた、自己破産をして自宅を手放さざるを得ないかと思っていたときにご友人のアドバイスから司法書士に相談。

INTERVIEW

■ なぜ任意整理ではなく、個人再生を選択したのですか?

任意整理だと長期で5年までしか分割和解が組めないこと。私が借りた消費者金融の中には3年までしか分割和解を認めてくれない業者があった為、任意整理をしても月の返済額が10万円以上と、毎月とても支払えない額になってしまうので個人再生を選びました。

■ 任意整理より個人再生の方がメリットが大きかった理由は?

最初は自己破産も検討していましたが、家族の為にも絶対に住宅は残したかったことが一番の理由です。
10年以上積立でかけてきた生命保険があり、それを維持したかったこともあります。
個人再生手続きで減額された額を3年間で支払うということでしたが、任意整理よりずっと低い金額(月3.5万円ほど)だったので住宅ローンを維持しながらも払えると感じたからです。

■ 個人再生をした後の生活はどうなりましたか?

個人再生をしたことで、毎月の返済金額が下がり生活に余裕がでたことと、利息をカットしてもらったことによって、ちゃんと借金が減っていくようになったので、ゴールが見えて精神的に楽になりました。主人には秘密にしたまま手続きを進められていますので、喧嘩になることもなく、もっと早く相談すればよかったです。

CASE 2飲み屋に通うために借入れを繰り返す日々・・・

Dさんのケース

■借入状況

カードローン:約3000万円    債権者数:8社
※住宅ローン2000万円含む

シャンパン

10年前に仕事の取引先との付き合いで初めて新宿の飲み屋に行ったDさん。
そこで出会った女性に会うためにお店の常連に。
多い時で週4回ほど通い、1回で4~5万円使う日々。
お小遣い制のDさんにそんな生活が保てるわけがなく、消費者金融、信販会社と次々と借入れを繰り返す日々。
そして借入れはあっという間に100万円、200万円と増えていき、ついには住宅ローンが滞る事に・・・。
ある日、請求書が家に届き、奥様にばれてしまい、自己破産を覚悟で当事務所に相談することに。

INTERVIEW

■ なぜ任意整理ではなく、個人再生を選択したのですか?

借りたものは少しでも返済したいという意識があったのですが、カードローンの負債だけで1000万円近くあったため、任意整理は不可能でした。個人再生であれば支払える金額まで減額ができるというでしたので個人再生を選択しました。

■ 任意整理より個人再生の方がメリットが大きかった理由は?

私の場合、借入期間が短いために自己破産だと免責されない可能性が大きく、家族のために自宅を維持したかったため自己破産を選択することができませんでした。

■ 個人再生をした後の生活はどうなりましたか?

個人再生で自宅を維持できるとは聞いていましたが、手続きが終るまでうまくいくのかドキドキしていました。今となっては無事に終ったのでほっとしています。
他の事務所にも色々と相談しましたが、一番親切に対応して下さったこの事務所で手続きが出来て良かったと思います。

お気軽にご相談下さい。