本当に「勤務先」に秘密にしたまま債務整理ができるのか? | 債務整理相談センター

アクセス副都心線北参道駅徒歩3分

受付時間9:00~21:00

債務整理コラム

本当に「勤務先」に秘密にしたまま債務整理ができるのか?

債務整理したことが勤務先に知られないかと心配をしている方は多いのではないでしょうか?
今回は、本当に勤務先に秘密にしたまま債務整理ができるかということについてご紹介いたします。

勤務先に秘密に「できる場合」と「できない場合」

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つの方法があることを以前にご紹介しましたが、どの手続きをとっても、ほとんどの場合は勤務先に秘密にしたまま手続きを進めることができます。
それでは、勤務先に債務整理したことが分かってしまったというのはどういうケースなのでしょうか?それは、「自己破産」「個人再生」を選択した場合で、勤務先から借入れがあるケースです。

勤務先から借入れがあるとなぜ分かってしまうのか?

「自己破産」「個人再生」は、裁判所で手続きを進めるため、法律に従って手続きが進められます。その法律の大原則として『債権者平等の原則』というものがあります。

簡単にいうと、消費者金融からの借入れ、クレジットカードでの借入れ、銀行からの借入れ、親族・知人からの借入れ、勤務先からの借入れもすべて借金なので、不平等することなく一律平等に扱いましょうということです。 銀行や消費者金融からの借入れだけ支払わずに、会社や知人には迷惑をかけたくないから、それだけ支払い続けるということが許されません。
自己破産をすると、会社に対しても裁判所から通知が行くことになり、最終的に勤務先からの借入れは全額免除されるという流れになります。個人再生の場合も同様で、勤務先からの借入れは大幅に免除されることになります。

ということで、勤務先から借入れがある場合は、債務整理をすることが勤務先にわかってしまいます。

以上が、勤務先に秘密のまま債務整理ができる場合とできない場合のお話です。
任意整理の場合は勤務先に秘密にしたまま進めることできますし、勤務先から借入れがない人で自己破産や個人再生の手続きをとる人も、ほどんどの場合、勤務先に秘密にしたまま手続きを進めることができます。
勤務先に秘密にしたまま手続きを進めることができるのか確認してみたいと思った方は、当センターまでお気軽にご相談ください。

< 一覧に戻る

お気軽にご相談下さい。