本当に同居の家族に秘密にしたまま債務整理ができるのか? | 債務整理相談センター

アクセス副都心線北参道駅徒歩3分

受付時間9:00~21:00

債務整理コラム

本当に同居の家族に秘密にしたまま債務整理ができるのか?

仕事のつきあいでカードを利用したり、リボ払いで買い物をしたり、妻や夫にこっそり内緒にしたまま借金を作ってしまい、毎月の返済で憂鬱になっている方は多いのではないでしょうか?
家族に秘密にしたまま債務整理がしたいと思っている方に「任意整理」という解決方法があります。
今回は、本当に家族に秘密にしたまま債務整理ができるか?ということについて紹介します。

家族に秘密に「できる場合」と「できない場合」

債務整理の手続きの中でも、「自己破産」「個人再生」は裁判所をとおす手続きです。この場合は、裁判所に提出しなければならない書類がいくつかあり、その中に同居の家族の書類が含まれていると、同居の家族に秘密にしたまま手続きを進めることは現実的に難しいです(一人暮らしの方や、ご家族の状況によっては可能なケースもあります)。
一方、「任意整理」の手続きは裁判所をとおさず、手続きが完了するため、同居の家族に秘密にしたまま手続きを進めている人がほとんどです。

具体的にどのような方法で、同居の家族に秘密にするか?

「任意整理」は、最初の相談で一度、司法書士がお会いした後は、電話と郵送のやりとりだけで手続きが完了します。郵送の手続きといっても、和解書や精算書をお渡しするだけで、基本的に一回の郵送で終わるケースがほとんどです。2度も3度も事務所まで来ていただく必要はありません。

郵送をする際は、事前に郵送する旨の連絡を入れた上で個人名で郵送をしていますし、郵送物は止めて欲しいという方は、当センターまで書類を取りに来てもらってり、郵便局の局留めで対応しています。
同居の家族に秘密にしたまま手続きを進めたいというご要望が非常に多いため、当センターでは、出来るかぎり同居のご家族に秘密にしたまま手続きを進めるように努めています。

以上が、同居の家族に秘密のまま債務整理ができる場合とできない場合のお話です。
債務整理の手続きををすることによって、ほとんどの借金の問題は解決することができます。
家族に秘密にしたまま手続きをすすめることができるのかどうか、確認してみたいと思った方は、当センターまでお気軽にご相談ください。

< 一覧に戻る

お気軽にご相談下さい。