放置してしまった借金問題を解決する「消滅時効」とは? | 債務整理相談センター

アクセス副都心線北参道駅徒歩3分

受付時間9:00~21:00

債務整理コラム

放置してしまった借金問題を解決する「消滅時効」とは?

借金の支払いを放置して、そのまま何年も経ってしまい請求書の金額を見るのも怖いという方は多いのではないでしょうか?
借金を支払わなくなってから5年以上経過してしまい、精神的ストレスを抱えている方に「消滅時効」の援用という解決方法があります。
今回は放置してしまった借金問題を解決する「消滅時効」の手続きをご紹介します。

借金の支払い義務がなくなる「消滅時効」の手続きとは?

サラ金、クレジットカード会社、銀行系カードローンの支払いを放置してしまい、5年以上経過している場合は、借金の支払い義務がなくなる可能性が高いです。
注意しなければならないのは、5年が経過すれば自動的に借金が消えるわけではなく、こちらから「消滅時効」の援用(主張)をすることによって初めて借金の支払い義務がなくなります。

「消滅時効」の手続きをする3つのメリット

消滅時効の手続きには3つのメリットがあります。

(1)借金の支払い義務がなくなる。
通常、借りたお金は返さなければなりませんが、やむを得ない理由で借金を支払えずに放置してしまうことはあり得ます。そして、支払いを止めてから5年が経過すると、借金は時効にかかります。貸金業者から借りた借金は、法律で時効期間が5年と定められています。
しかし、自動的に借金の支払い義務がなくなるわけではなく、こちらから「消滅時効」の援用(主張)して初めて借金がなくなります。

(2)個人信用情報が回復しカードが作れるようになる。
借金を放置している間は信用情報に延滞の情報が載り続けているため新規でクレジットカードを作れたり、銀行でローンの審査がとおることはまずありません。
しかし、消滅時効の手続きをすることによって、借金の支払い義務がなくなり、延滞の状態ではなくなるため、一定期間が経過すれば信用情報機関の事故情報が削除されます。
結果、信用情報が回復し、新たにカードが作成できるようになります。

(3)督促が止まり精神的ストレスから開放される。
借金の支払いを放置している間は、督促の書類が一定間隔で自宅に届きます。引越し先を知らせていないため督促が止まったという人も、住民票を移したタイミングで通知が再開してしまいます。何より遅延損害金が日々増え続けているため気づいた頃には督促状を見るのが恐ろしい状態が続き精神的ストレスも大変なことになります。
しかし、「消滅時効」の手続きをすることにより一瞬でその悩みは解決します。

消滅時効の手続きはこんな人にオススメです。
借金を放置してから5年以上経っている人で、
・見たこともない債権回収会社から手紙が届いた人
・法律事務所から督促の手紙が届いた人
・裁判所から書類が届いた人
・借金を滞納していてカードが作れない人
・信用情報を回復させたい人

「消滅時効」の手続きをするデメリットは?

消滅時効の手続きのデメリットはありません。
唯一あげるとすれば手続費用がかかることかもしれませんが、司法書士に相談する前に、自分で督促状に記載のある連絡先に電話をして時効が中断してしまい、遅延損害金を含めて支払うことになってしまったという例がたくさんあります。

以上が、消滅時効の手続きの概要とメリットになります。
今回は、「消滅時効」についてご紹介しました。
消滅時効の手続きをすることにより、長年悩んでいた借金の問題を一瞬で解決することができます。
消滅時効について相談してみたいと思った方は、ご質問だけでも結構ですので当センターまでお気軽にご連絡ください。

< 一覧に戻る

お気軽にご相談下さい。