借金をゼロにする「自己破産」の手続きとは? | 債務整理相談センター

アクセス副都心線北参道駅徒歩3分

受付時間9:00~21:00

債務整理コラム

借金をゼロにする「自己破産」の手続きとは?

借金の返済で月末が来るのが憂鬱で仕方ないという方は多いのではないでしょうか?
借りては返してはの自転車操業の繰り返しで、いつになったらこの状況が終わるんだと悩まれている方に「自己破産」という解決方法があります。
今回は、借金をゼロにする「自己破産」の手続きの概要とメリット、デメリットについてご紹介します。

借金をゼロにする「自己破産」とは?

「自己破産」とは、裁判所をとおして、借金を免除してもらう手続きです。 自己破産というとマイナスのイメージをもたれることが多いのですが、多重債務問題を解決するためには重要な手続きで、デメリットも意外と少ないです。

「自己破産」の手続きをするメリット

自己破産のメリットは以下の2つです。

(1)借金が全額免除される。
自己破産を手続きをすると借金が全額免除されます。ギャンブルなどの借入れ理由によっては借金は免除されないと法律に定められていますが、裁判所の裁量によって免責を認めてもらえる「裁量免責」というものがあるため、免責不許可事由があると絶対に借金が免除されないということではありません。

(2)人生再スタートができる!
自己破産をすることにより借金が全てなくなりますから、収入は全て生活費に回すことができます。事業で失敗してしまった人や、ギャンブルや浪費で借金を作ってしまったけど今は反省して二度とやらないという人は人生のやり直しができます。

自己破産の手続きはこんな人にオススメです。
・長年払ってきた借金から解放されたい人
・住宅など維持するべき財産はない人
・人生を再スタートしたい人
・任意整理をしても返済が難しい人
・連帯保証した借金が返せない人

「自己破産」の手続きをする4つのデメリットとは?

自己破産のデメリットは以下の4つです。

(1)官報に住所と名前が掲載される。
国が発行している新聞のようなものですが、これを毎日一般人はまずいないと言ってよいでしょう。「官報」の存在すら知らない、見たことないという人が大半なのではないでしょうか。自己破産のデメリットの一つといわれています。

(2)個人信用情報に登録されカードがしばらく作れなくなる。
このデメリットは全ての債務整理の手続きに共通しているデメリットのため自己破産だけのデメリットではありません。

(3)生命保険の外交員や警備員などは職業が制限される。
自己破産をするとできなくなる職業というのがありますが、自己破産の手続き中の一定期間制限されてしまうだけで、自己破産の手続きが終われば制限はなくなります。

(4)20万円以上の資産は処分の対象となる。
処分対象となるもので代表的な物は、住宅などの不動産、積立保険の解約返戻金、自動車などで20万円以上の価値のあるものが対象となります。自動車については、新車や高額なものを除いて維持できているケースがほとんどです。10年以上も乗っていれば処分対象とならないことが多いです。

以上が、「自己破産」手続きの概要とメリット、デメリットになります。
今回は「自己破産」についてご紹介しました。
借金の返済から解放されたい、人生再スタートしたいと思っている人の借金問題を解決することができます。
ここに書ききれていないことは、まだまだたくさんありますので、「自己破産」について相談してみたいと思った方は当センターまでお気軽にご相談ください。

< 一覧に戻る

お気軽にご相談下さい。